原案/万葉集

待ち人の歌 防人の歌

――遥けしや、あづまはや、弔(とぶら)いの烽(とぶひ)を――

[この世のものとは思えない美しい黄昏に空が染まっていきます。そんな時にふと現れた貴方はどなたですか?]

[たとえあの世に居ても、境界線を越えて、貴方の為ならば私はいつでもこの世に戻って来ます]

[あの匂いを思い出す度に、愛しいあの人の面影が浮かびます]

[「これは幻なの?」と君は言った。そうじゃない。手は触れられなくても、心は触れ合える]

[貴方が居なくなって、何年経ったでしょう。着物を洗う水にも貴方の面影を見てしまい、未だに忘れられません]

[季節ごとに花は咲くのに「私」という花は咲かない。花となって貴方を慰める事は出来ないのだろうか]

[止まない雨のように、涙が溢れています。天に昇ってしまった貴方を恋しく想うからです]

[この雷鳴が私の嘆く声ならば、この曇った空は私の心そのものなのかもしれない]

▲ページ先頭へ