Abyss-Diver#0 "the Break Time"



side.02【Beardless】


「どうした?遠慮しねぇで飲め」

「あ、あぁ……。そんじゃ、ま」

ラックラットは、ぎこちなくグラスを傾けた。

中身は、彼が一度は飲んでみたいと思っていた高級酒。

しかし

(あ、味がわかんねぇ……!)

ラックラットは、この場から逃げ出したい気分になった。

それというのも、彼の隣で煙草を吹かす、赤いバンダナの男の所為だった。

バンダナの男は通称『JD』と云い、ラックラットも以前潜っていた『Abyss#0』で何度か見かけた事がある。

そのJDが、なぜラックラットに酒を――それも決して安いとは言えない銘柄を振舞っているのか?

事の始まりは、この酒場で日常茶飯事に行われている賭博だった。

ちょうど、その場に居合わせたラックラットは、入用の金5000Cを稼ごうと、テーブルに着いた。

ゲームはポーカー。

酒の染みや煙草で煤けたトランプがテーブルを埋めていた。

(……イケるな!)

ラックラットはダイバーとして『ROGUE』のクラスを持つ。

当然、手先の器用さには人一倍自信があった。

もちろん、すべてイカサマで通せるわけはない。

ラックラットは、どうしても不利になった時にだけ、カードを誤魔化した。

結果は、ラックラットの一人勝ち。

「あーぁ、ブタかよ。ツイてねーな」

「やるじゃねぇか、小僧」

「ちっ!2000の負けか…オモシロクもねぇ!」

強面の客たちから声がかかる中、ラックラットは戦利品の5200Cをポケットにねじ込んだ。

そして勝ち誇った顔で席を立った。

(よっし!200の儲けだ!チョロイもんだね、へへへ…♪)

しかし、一つだけ誤算が生じた。

怪しまれる前に、酒場を出ようとした所を

「待てよ」

さっきのテーブルにいたJDに呼び止められてしまったのだ。

ラックラットは、うろたえた。

JDからみなぎっていた、修羅場をくぐってきた兵士が放つ、重々しい殺気にだ。

「な、何か用、かい…?」

「さっきのゲーム、鮮やかなモンだったぜ」

「そ、そいつは、どうも。あ、あんたみたいなのに、ほ、褒められるなんて、おお俺も捨てたモンじゃない、な」

ラックラットは冷や汗の中、上ずった声で必死にとりつくろった。

「どうだ?何か奢ってやろうか?」

「えっ!?や、そりゃ……!」

ラックラットの頭が、目まぐるしく回転し始めた。

万が一、イカサマがバレて――そうでなくとも、カードの負けを逆恨みされて殺されでもしたら、たまったものではない。

かといって、下手に断ればかえって怪しまれる。

(どっちにしても最悪じゃん!!)

苦肉の策でラックラットが出した答えは

「そ、そいつは、ありがたいなぁ!じゃ、い一杯奢ってもら……います」

「じゃあ、決まりだ。おい、バーテン。こいつにバランタインを出してやってくれ。勿論、グラスだ。トゥワイス・アップでな」

選択の余地は猫の額ほどもなかった。

そういったワケで、今ラックラットがちびちびと飲んでいる横で、JDは煙草をくわえたまま、カウンターに寄りかかっている。

その後、たっぷり数分は経っただろうか。

ラックラットの緊張は、そろそろ限界だった。

ちらりと目をやると、JDのくわえている煙草は、フィルターまで火が届きそうになっている。

不意に、JDが遠くを見るような目で呟いた。

「お前のようなヘラヘラした奴ってのは、殺しても死なねぇか、あっさりお陀仏か、だ……」

「は?」

わからないという顔をしているラックラットに、JDは吸殻を灰皿に押し付けながら言った。

「イカサマは程々にしねぇと、長生き出来ねぇって事だ」

「なっ……えっ……!?」

ラックラットが必死に隠そうとしていたイカサマの事実は、JDにとっくに見破られていた。

JDはカウンターに酒代として、クシャクシャの紙幣を置くと

「そいつは授業料だ。ありがたく、とっときな」

ごった返す客たちをかきわけ、振り向きもせずに酒場を出て行った。

その背中を見送ったラックラットの頭の中は、疑問でいっぱいだった。

(ありゃ?「授業料」って言うんなら、俺がオッサンに何か払うハズだよな?
 ……ま、いっか。命拾いした上に、上物の酒まで飲めるん――)

そこまで考えた所でラックラットは蒼くなった。

(……って、まさか!爆薬でも入れやがったんじゃないだろうな!?)

グラスとJDが去っていった入口に交互に顔を向けた。

埃っぽい風の中に出たJDは、荒れ果てたアスファルトの一本道を歩き始めた。

そして、かつて爆炎の中に消えた――いや、自ら爆炎の彼方に葬った戦友の事を思い出していた。

(ずいぶん遅くなっちまったが……約束の酒だ。じっくり味わいな。
 ……とは言っても、もうお前の酒を飲む口は、あの減らず口ごと吹っ飛んじまったからな。
 あの若造の口で我慢してくれ。
 ――なぁ、まさかとは思うが……あの戦闘の前に、俺が賭けて負けた酒……
 そいつを取り戻してぇ為に、あの若造をよこしたんじゃねぇだろうな?
 だとしたら、とんだエンジェルだぜ)

その戦友が、手先が器用で、お調子者で、金にうるさくて、ギャンブル好きだった事など、ラックラットには知る由もなかった。




<End>

戻る>>