晴信「皆、よく聞け。
この先は、管理人の誠に下らぬアホネタじゃ。
決して真面目に読んではならぬ。あくまでも軽く受け流すように。
また、純粋な我が作品の愛好者や、真面目に歴史を研究しておる者は
見ぬ事を勧めるが、無理強いはせぬ故、各々で判断せよ。良いな?」

出陣!

↓↓↓

◆こんな『風林火山』は詭道なり!◆

その一

コー●ー製オンラインオセロ「第一次川中島の合戦」にハマって徹夜で対決する、黒軍師・勘助と白軍師・宇佐美。
今の所は宇佐美の貫禄勝ちで、勘助がやや不利。
両家の面子がかかってるので、ネットをやり過ぎてもパソコンを一人で何時間占領しても誰も止めない。

その二

週刊「戦潮」特集号
甲斐と越後の新当主対決!
  「側室コレクター」晴信VS「禁酒はしない禁欲主義者」景虎!
両家家臣団が吼える!舌戦!川中島!
  「甲斐には戦略があるが、越後は戦術倒れ(武田家)」VS「盗っ人の戦略など越後には不用(長尾家)」
徹底検証!謎多き越後の龍・長尾景虎の実像に迫る!
  武田軍兵士D氏の衝撃証言!「景虎はわしにそっくり」!?春日山城下の驚愕都市伝説!「御実城様は於虎姫」!?
三人の妻たちが夫・晴信を語る!
  「お優しいお方(正室S)」「狂おしいほど愛しい(側室Y)」「私がお屋形様の一番(側室O)」

その三

髭を生やしてみたり、堂々たる立ち振る舞いで風格を出すも、身長まではカバー出来ず。
素破に命じて、密かにシークレットブーツを所望中の晴信。
武田家には「御屋形様と並んで立ってはいけない」という暗黙ルールがあるとかないとか。
さらにそのルールを無言の圧力で決めたのは、板垣だったとか。

その四

神託という名の怪電波を受信する、宇宙人・景虎。
琵琶で電波を飛ばして兵を操るという、新興宗教「毘沙門教」教祖。
ラスボスの如き禍々しいオーラをまとう事から「軍神」とあだ名される。
頭にアンテナが立っているとか、あの信長に先駆けて異国の履物(※革ブーツ)を身に付けたとの噂あり。

その五

大河、好評につきスピンオフ。タイトルは「甲斐の禿鷹」。
応仁の乱ののち、下剋上の乱世という長いトンネルの中にある日本に、風穴を開けにやって来た男がいた。
ファンドマネージャーとして信濃一帯の企業買収に暴れまわる、その名は山本勘助。
彼は、役員一同と結託して先代社長を解任した武田物産の新社長・晴信に起用され、
合理主義を盾に、ハゲタカの如く信濃の名立たる企業を次々と買収していく。
一方、信濃を荒らしまわるハゲタカに敢然と立ち向かう、長尾通商の若き新社長・景虎。
旧態然とした体制に秩序を信じ、管領や守護職を支えようとするバンカーは、ライバル企業から引き抜いた
老練なマネージャー宇佐美と共に、信濃の企業再生の道を模索していく。
天下を買い叩け!男たちの熱き戦国経済ドラマ!

その六

大河、好評につきアニメ化。タイトルは「機動魔神・摩利支天」。
先代を追い落とし、「武田帝国」成立を宣言して信州に戦争をふっかける新総帥の晴信。
そんな武田家打倒に燃え、魔神兵器「毘沙門天」で戦う「赤い龍星」景虎。
成り行きで最強の魔神兵器「摩利支天」を手に入れたフリーター勘助。
蝋燭謀議が名物な今川家の「黒い三人衆」。
良識ある隣国の主ながら北条家に「黒歴史」もしっかり刻む氏康。
さらに続編「逆襲の謙信」が映画化予定。君は生き残る事が出来るか!?

その七

大河、好評につきゲーム化。コー●ー製恋愛シミュレーション「躑躅ヶ崎学園恋絵巻」。
想った相手に一途に尽くす健気な学級委員長、三条。
激情家ながら寂しがり屋な諏訪からのツンデレ転校生、由布。
マイペースでフレンドリーな天然娘の幼馴染み、於琴。
プレーヤーは晴信になって彼女たちの愛を勝ち取るべく奮闘する。
二周目からプレーヤーキャラに勘助が加わり、「ミツルート」と「由布ルート」が選択可。
ガールズサイド「リツ→勘助ルート」「浪→景虎ルート」は難易度が異常に高いらしい。


あとがき

…という名の言い訳

遂にやってしまった…書くつもりなかったのに…何でだ?orz
ここの所、大河が「色んな意味で」面白おかしくなってきるような気がします。
毎週、次回は誰が何をやらかしてくれるのか、もう楽しみで楽しみで!(←褒めてます)
で、一番ハマった『組!』以来、ネタが浮いてしまった訳だったり…。(^^;
何より、ネタ系BBSのカキコやブログの感想記に、触発されたのもあるかもしれません。(笑)

戻る>>